脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニア

   

このようなお悩みはありませんか?

膝の痛みイラスト

  • 腰から太ももの後ろ側が痛い
  • 足に力が入らない
  • 足の先まで痛みとしびれを感じる
  • 前かがみになったり座るとつらい
  • 歩き続けると痛いが休むとまた歩ける

女性施術者腰の痛みは様々あります。

  1. 慢性的に痛む腰痛
  2. 神経の圧迫でしびれや痛みを引き起こす脊柱管狭窄症
  3. 腰の椎間板が何らかの原因で飛び出し神経に触り炎症を起こしてしまう椎間板ヘルニア

中でも、脊柱管狭窄症と椎間板ヘルニアは、手術をしなければならない程の痛みやしびれがありますので、そのようにすすめられ、入院を余儀なくされる方も多いと思います。

北花田駅すぐ、ラクシュミ鍼灸整骨院では、狭窄症やヘルニアでお困りの方、手術しようかお悩みの方がたくさん来られています。

脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニアを放っておくとどうなるの?

色々やってみたけれど痛みが戻ってしまう!

しびれがある女性リハビリやきつい薬、ブロック注射、そして手術…。

色々やってはみたが、なかなか良くならず、また痛みが戻ってきてしまう。
そして、少しの望みをかけて手術で良くなるのかなど、皆さん、不安はもちろんあります。

入院すると時間も費用もかかってしまい、やはり躊躇される方も多く、リスクもあります。

狭窄症やヘルニアは放っておいても、今より状況は変わらず、長い時間が経過してしまうと痛みやしびれなどが今以上に強くなってしまいます。

そうすると、感覚が麻痺してしまい、歩行困難や排尿や排便のコントロールが上手くいかなくなります。

脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニアとは?

脊柱管狭窄症
背骨には脊柱管と呼ばれる、脳から身体へと繋がる大切な神経の通り道があります。
太さは1~2センチほどの太さで頭から首の真ん中を通り、背中、腰へと続いています。そして枝分かれのように手足へと神経が伸びています。
年齢を重ねていくと背骨や靭帯、椎間板が変形し圧迫されるため、腰から下の部分、お尻や足の痛みやしびれ、感覚が鈍り歩きにくくなってしまいます。
また、間欠性跛行(かんけつはこう)という、歩いていると痛みやしびれが出てきて歩けなくなり、少し休憩をすると再び歩けるといった特徴もあります。

 

椎間板ヘルニア
背骨と背骨の間には、椎間板というクッションのような組織があり、背骨にかかる衝撃を和らげる役割を果たしています。
激しいスポーツや重いものを持つような重労働により、椎間板に強い負荷がかかります。
そのため、椎間板が飛び出し、すぐ隣にある神経を圧迫し炎症を起こします。
つらい痛みの他、ひどい場合は排尿困難なども起こる場合があります。
若い世代でも中腰の作業や長時間のデスクワークなどでヘルニアになることもあります。

北花田駅 ラクシュミ鍼灸整骨院の狭窄症・ヘルニアの施術法

腰痛施術私たちは脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニアの原因は、骨盤の関節と筋肉に問題があると考え、AKSというソフトな施術法で身体に負担をかけず、調整していきます。

身体にとって、とても優しい施術法で硬くなってしまった筋肉、関節を適正な位置に戻し、正常に動かせるよう調節していきます。

まずは、痛みがどの程度なのか、本人も気が付いていないところに原因があるかもしれないので、カウンセリングと検査をしっかり行います。

施術の流れ

カウンセリングと検査

カウンセリングどこが原因なのか、痛みや身体全体の動きを入念にチェックします。

カウンセリングと検査を元に、抱えている問題点、これからの施術方針など分かりやすく丁寧に説明いたします。

私たちと一緒にご自身の身体の事をしっかりと把握し、理解したうえで施術に向かうとリラックスした状態で受けていただけますので、より良い結果に導くことができます。

良く分からない、不安だなと少しでも感じることがありましたら、遠慮なさらずにその都度ご質問ください。

施術

骨盤の関節である、仙腸関節を緩め、正しい状態に整えていきます。

凝り固まってしまった筋肉にアプローチし、引っ張られて負担がかかっていた部分を元の正常な位置に戻します。
そうすると、筋肉の凝り固まりがほぐれ、関節が滑らかに動き始めます。

身体が本来の動きを取り戻すと、痛みやしびれが緩和されます。

  • 痛みやしびれを忘れて生活をしたい
  • 手術はできるだけ避けたい
  • 休憩をはさまずに買い物に行ってみたい
  • 自由に散歩、旅行に行きたい
  • 気持ちの良い朝を迎えたい

このような希望や理想を、ラクシュミ鍼灸整骨院は叶えられます!

是非、お任せください!
北花田駅すぐ大きな看板が目印です。