新着情報

心の栄養 心の栄養 2021年07月19日

人は、生涯を貫く一つの問いを
持って生まれてきます。

「何のために生きているのか」

人は、
「自分は、豊かな心満ちた人生を
 送ることができた」と、
最後の日に言えるような人生を生きたいと
願います。

しかし人は、時に、
「この苦しみや試練はなぜ自分に与えられるのか」
と悩み、苦しみ、そしてさらに問い続けます。

「どうしたら、人間として成長していけるのか」

人は最後まで成長し続ける存在です。

四十年以上にわたって、日々、
真摯に生きることの意味を追求し、
時代を超える賢者の知恵や教えを、
多くの人に、分かりやすく、
たゆまず伝え続けたのが、『致知』です。

   ・   ・   ・

この本は、その『致知』の編集長である著者が
初めて人間学を学ぼうとする人に向けて、
そのエッセンスを説いたものです。

若い世代からお年寄りまで
誰にでも分かるように
人が生きていく上での大切な考え方が説かれ、
しかも、二宮尊徳や松下幸之助など
古今の人物の人生、古典の教えに触れることで、
人間学をより身近に感じることができます。

読む人すべての人たちの心を豊かにし、
生きる勇気と喜びを与える
力に満ちた一冊となっています。

この本を読むと、
人間にとっての幸せが、
お金をたくさん儲けることでも、
人から高く評価されることでもない
ということがよく分かります。

まず自分が幸せになることによって
周りの人も幸せにできること、
リーダーになる人にとっては、
自分自身を修めることが、
周りの人を導いていく上で大切であることなど
多くを教えられます。

毎日コツコツと
この本から生きる力と知恵を汲み取って、
小さな努力を重ねるとき、
あなたは平凡な日々が、
いかに恵みに満ちたものかを
実感なさることでしょう。

鈴木秀子(文学博士)
『はじめて読む人のための人間学』「まえがき」より

 

 

今日も一日

素晴らしい笑顔で幸せを

何事にも 

ありがとうの心おをこめて感謝を

 

お知らせ お知らせ 2021年07月19日

8月のお休みのお知らせです

8月8日(日曜日)~12日(木曜日)まで5日間

お盆休みでお休みさせて頂きます

宜しくお願いします

心の栄養 心の栄養 2021年06月28日

『母2021』
 ──子どもの生きる力を育てる「子育ての人間学」
——————————

人は、何のために生まれ、
何のために生きるのでしょうか。

日常の生活や仕事に追われる中では、
考えもしないようなことかもしれません。
しかし、私たちは、
生命の誕生とその終焉に触れる時に、
「人生いかに生きるべきか」という問いと、
真に向き合うことができるように感じます。

そして、
「自分は何のために生きるのか」という
人生のテーマが明確になった人ほど、
逞しくおおらかに人生を
生きているように思います。

先日、とても身近な先輩母が、
三十六歳の若さで亡くなりました。
乳がんでした。
彼女は七年前、幸せ絶頂の結婚式から四か月後、
妊婦検診中にがんが見つかりました。

医師から
「自分の命と赤ちゃんの命、
どちらを選ぶかと言っても過言ではありません」と
厳しい決断を迫られる中で
命懸けで産むことを選び、
妊娠六か月の時に手術、そして出産。

その後七年間、
一進一退の闘病生活を、
子育てをしながら前向きに取り組んでいましたが、
一人息子の小学校入学式の前日に体調が急変。
その一か月後、息を引き取りました。

数日前は自らの足で歩いていた彼女が、
次第に起き上がることができなくなり、
会話ができなくなり、
意識が遠のいていく……

それでも亡くなる数時間前、
見舞いに行った私たちに、
声にならない声で「ありがとう」と
必死に何度も伝えてくれたのでした。

彼女の姿を見ながら感じたのは、
当たり前の日常が
どれだけありがたいことか、ということ。
そして、私たち人間は生かされているんだ。
呼吸ができている、
心臓が動いていることは
決して当たり前ではないんだ、ということです。

起き上がることができなくなった彼女は、
愛する息子の学校生活の世話をすることも
一緒に遊ぶことも、
家族のために料理をつくってあげることも
できなくなりました。

最後は、次第に会話も
できなくなっていくその姿を見て、
当たり前の日常がどれだけありがたいことか。

「普通に生活ができる」ということが、
いかに普通でなく「有り難い」ことなのか。
本当に大切なことを教えてもらいました。

人生に同じ毎日なんて一日もないし、
同じ日常は続かない。
一日一日が特別で、
一日一日がありがたい。
起き上がって空を見上げることも、
会話をすることも、
命があるからこそできること。
綺麗な空を子どもと見上げて
「綺麗だね」と言えることがどんなに幸せか。
たわいもない会話を家族でできることが
どんなに幸せなことか。

子どもが笑っていまここにいてくれることが、
どんなに幸せなことなのか。
彼女は身をもってそのことを
教えてくれたように感じます。

私が生きるきょうという日常は、
彼女がどんなに願っても
生きられなかった未来なのだ……。

そう気づいたとき、
ある言葉が胸に去来しました。

「悟りとは、
失って初めて気づくものの価値を、
失う前に気づくこと」

この『母』の母体である
月刊誌『致知』に掲載されていた言葉です。

彼女は、命を賭して私たちに
悟りを与えようとしてくれたのかもしれません。

「過去にも未来にも
たった一つしかないこの尊い命を
どう生きるのか」、
それを学ぶのが人間学です。
しかし、人生をどう生きればいいのかという、
人間にとって一番大事なことを、
学校では学べません。

自分という人生をどのように生きればよいのか。
自分がこの世に生まれてきた意味は何か。
きっと人生一度はぶつかる悩みではないでしょうか。
「どう生きるのか」、
その答えはすぐには出ないかもしれません。
それでも、命の尊さ、
ありがたさに気づくことで、
人間は心豊かに、
そして力強く人生を生きることができます。

大きく時代が揺れ動き、
先行きが見えないいまの時代。
子どもたちが生きる未来は、
私たちが経験したことがないような
世界を生きることになるでしょう。
そんな未来を、
力強く心豊かに人
生を生き抜くための学びが「人間学」です。

その学びを、子どもたちに手渡すために、
『致知』のエッセンスを
子育て中のお母さんたちにお届けしたい。

そうすればきっと、お母さん自身も、
明日を生きる希望や勇気、
人生の軸を得て、
より幸せで心豊かに
子育て人生を歩んでいけるのではないか……。
そんな思いを込めて創刊された『致知別冊「母」』。

人間学は、生きる力を育てる学びです。
より幸せで心豊かに人生を生きる
お母さんと子どもたちのために、
祈りを込めて、

『致知別冊「母」2021――
子どもの生きる力を育てる「子育ての人間学」』

ここに発刊いたします。

令和三年六月吉日
『母』編集長 藤尾 佳子

 

今日も一日

素晴らしい笑顔で幸せを

心の栄養 2021年06月27日

誰かに嫌なことを言われて、ついムッとする。
激しく怒られて傷つき、落ち込んでしまう。
誰しもそんな経験はあるでしょう。
人の言動に振り回されそうになったとき、
そのマイナスの思いを消す「6秒の奇跡」と呼ばれる方法があるといいます。

自分の欠点とどう向き合うか――
シスターであり、文学博士である鈴木秀子さんのお話から、
弱さを抱えつつ幸せに生きる秘訣を学びます。

(鈴木)
人の言動で心が動いてしまいそうになる時、
それを防いでくれる「6秒の奇跡」と呼ばれる方法があります。
例えば、誰かから激しく叱られたり罵倒されたりしたような場合、
「あっ、いま動揺してしまっているな、傷ついたな」
と客観的な目で自分を観察し、6秒間呼吸を整えて心を静めるのです。

そうすれば、マイナスの思いが消えていき、
気持ちを乗っ取られずに済むと言われています。
刺激に対してすぐに反応してしまえば、感情の虜になってしまいます。

自分を冷静に観察するこの練習を続けていくうちに、
人の言うことはそれほど深いものでも
真実に根ざしたものでもないことが分かってきます。

そして「人の目ばかりを気にして生きる自分、
欠点の多い自分であっても、 大自然から生かされている尊い存在なのだ」
という自覚が芽生えてきて、 いつの間にか自分を受け入れることができ、
自分自身と仲よしになっていくことでしょう。

セルフイメージを高める一番の方法は、
このように人間は大自然によって生かされていることを実感し、
それに感謝することです。 人間を生かしてくれるのは大自然だけではありません。

親や学校の先生、友人、隣近所の人たち、
職場の上司や同僚など 多くの人たちの支えがなくては、
私たちは生きていくことができません。
自分に愛情を注ぎ、育ててくれようとした人たちに
思いを馳せてみることも自己肯定に繋がります

 

本記事は『致知』2018年2月号
連載「人生を照らす言葉」より一部を抜粋・編集したものです)

お知らせ お知らせ 2021年06月27日

7月の休診日のお知らせ

11日12日 日曜日 月曜日と連休

22日23日 木曜日 金曜日と連休

以上となります

宜しくお願いします

1 2 3 4 5